Loading…

銀行でお金を借りたいですか?

下記をチェックしてください。
チェックする

銀行のローンは金利が安いからおすすめです!

お金を借りたい理由はさまざまです。
そんな時にはまとまったお金が必要になるものでしょう。
あなたがもしお金を借りるとなったら、何を優先してローンの選択をしますか?
融資の速さでしょうか?それともスタッフの対応ですか?または金利の安さでしょうか?
やっぱりお金を借りるなら、できるだけ安くしませたいですよね。
であれば、金利の低い銀行のローンがおすすめです。

銀行のローンの金利が安い理由

銀行のローンは消費者金融のそれと比べると安い、といわれています。
その理由は、銀行と消費者金融の経営状態の違いにあります。
消費者金融には資本がありません。
また、商売として成り立っているのはお金を貸すことだけです。
従って、貸したお金の金利からでしか利益を得ることができません。
ですから、できるだけ早く貸したお金を返してほしいため、貸出期間も短めになります。
以上の理由から、消費者金融の金利は高めに設定されているのです。
それに対して、銀行には大きな資本があります。
貯蓄や資金運用などお金を貸す他にも多くの商売があるので、利益は貸したお金の金利だけではありません。
ですから、銀行の金利は比較的低く設定されているのです。
ちなみに、銀行のカードローンの金利水準が3%~15%程度なのに対して、消費者金融のキャッシングローンの金利水準は5%~18%程度となっています。

以上のような理由で、銀行のローンは金利が安いのです。

それでは、銀行のローンにはどんな種類があるのでしょうか?

銀行のローンの種類

銀行の種類には大きく分けて二つに分けることができます。
一つは「使用用途に指定があるローン」、そしてもう一つが「使用用途に指定がないローン」です。

【使用用途に指定があるローン】
こちらのローンとしてあげられるのは、まず、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどです。
これらのローンの多くには、有担保型と無担保型のローンがあります。
一般に高額のローンであればある程、担保の設置は必須となります。担保の設置を行うことにより、より有利な金利で融資を受けることができるので、ローンを組む際には有効な手段といえます。

また、借り換えローンとおまとめローンにというものもあります。
借り換えローンとは、現在組んでいるローンよりも、明らかに有利なローンがあった場合にはそのローンに切り替えることができるローンのことです。
ローンを組んで返済を重ねて行くうちに、経済情勢の変化などによって、より金利の安いローンが出てきたりします。
そんな時に活躍するのが借り換えローンです。
借り換えローンは、手元の資金を減らすことなく返済総額の減額が可能な方法として、住宅ローンを利用している人によく利用されます。

おまとめローンは、その名の通り、借金を一つにまとめることができるので、複数の金融機関からお金を借りている人に重宝されています。
こちらのローンにおいては、より金利の安いおまとめローンを選択することで返済総額を減らすことができるので、銀行のおまとめローンは人気があります。

【使用用途に指定がないローン】
こちらのローンとしては、フリーローンやカードローンがあげられます。
いずれのローンも融資金を自由に利用できるので、習い事や海外旅行、留学などの資金にまとまったお金が必要な女性にも人気のローンです。(事業資金には利用することはできません。)
フリーローンは、一括で融資金が指定口座に振り込まれるだけのシンプルなシステムです。
ですから、完済しやすくなっているのが特徴です。
ちなみに、フリーローンでまだ利用したい場合には、申込からもう一度やり直しになります。

それに対して、カードローンは他の銀行ローンとは異なる融資システムです。
ローンカードでATMから融資金を引き出す仕組みになっており、利用限度額がいっぱいになるまで何度でも融資金の引き出しが可能です。
また、限度額がいっぱいになっても次の返済をすれば、限度額がその分復活して借入ができるようになっています。
一度契約すれば、こちらから改めて解約の手続きをしない限り、ずっと契約が有効になっていることも魅力の一つです。

以上のように、完済がしやすくなっているフリーローンに関しては、カードローンよりも金利が低めに設定されていることが多いです。

このように、銀行には様々なローンが提供されています。
中でも、カードローンに関しては利用している方も多いのではないかと思います。
銀行のカードローンはその融資方法がとてもよく似ているため、消費者金融ののキャッシングローンとよく混同されます。
しかし、先にも申しましたが、カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと比べると金利は低めになってします。
では、具体的に金利を比較してみましょう。

消費者金融の金利と銀行カードローンの比較

【アコム】
実質年率:4.70%~18.00%
利用限度額:500万円

【プロミス】
実質年率:4.5%~17.8%
利用限度額:500万円

【アイフル】
実質年率:4.5%~18.0%
利用限度額:500万円

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%~14.6%
利用限度額:500万円

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%~14.0%
利用限度額:1000万円

【オリックス銀行カードローン】
実質年率:3.0%~17.8%
利用限度額:800万円

【住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)】
実質年率:1.99%~7.99%
利用限度額:1000万円

こうして具体的に金利を比較してみると、さらにわかりやすいですね。
金利を比較するには、実質年率を見て行くことになります。

金利の比較に重要な実質年率

実質年率は、「○%~△%」と示されており、消費者金融や銀行などの金融機関がお金を貸し出す場合、表示が義務づけられているものです。
これの表示がないのに、「お金を貸しますよ」と謳っている金融機関は悪徳金融ですので、利用しないようにしましょう。
実質年率には、最低実質年率と最高実質年率があります。
最低実質年率とは「○%」にあたり、借入額が最高借入額の時に適応される金利です。
それに対して、最高実質年率とは「△%」の表示にあたり、借入総額が最低金額の時に適応される金利になります。
最低実質金額を見ていくと、かなり安い金利が並んでいますが、実はこの金利が適応されることはほとんどありません。
従って、金利を比較する際には、最高実質年率をみておくとよいでしょう。

やはり、お金を借りるならできるだけ安く済ませたいですよね。
お金を借りたら、必ず支払わなくてはならないのが金利です。ですから、金利は非常に重要になります。
上記でも申しましたが、確かに銀行の金利は安めに設定されています。
しかし、その種類は数多く、それぞれのサービス条件や適応金利などが異なります
ですから、お金を借りる際には自分に合った条件のローンを見つけるために、情報収集をしっかりしておくことが重要になります。